名古屋
2018年07月02日 (月) | 編集 |
日曜のクリエーターズマーケットに向けて、土曜日から名古屋へ行きました。

前日の金曜日、ギリギリまで作品を作ったり準備をして、夜早く寝るつもりが、読んでいた本が面白すぎて夢中になり、すっかり目が冴えてしまいやっと寝たのは朝の5時でした(*_*)

ちなみに、読んでいた本は、五十嵐貴文の「炎の塔」。

タイトルや表紙で内容の予測がつくのですが、くる!くる!きたーーー!っとなりながら、引き込まれました。まだ途中ですが最後どう終わるか楽しみ。


そんなわけで出発が予定より遅くなり、12時くらいに名古屋に着きました。
名古屋城の近くでランチ。


串やさんなのですが、ランチタイムはパスタもあり、具沢山のパスタが人気らしく、地元の方で賑わっていました。
私は牛肉・ズッキーニ・なす・マッシュルーム・枝豆のドライトマトのパスタ。具がたくさんで美味しい!メロンもついて890円。京都やったら1500円くらいしそうやなー。



この後、名古屋城へ。

名古屋城は有料の駐車場がありますが、周りの道路(の一部かな?)に路駐がいっぱい。標識を見たら「駐車禁止 土日を除く」なんですよ!
土日は停めていいってことなんや!!いまどきすごいですねー。






400年前の貴重な障壁画が、現代の絵師によって蘇りました。10年の修復期間をかけ、6月8日に完成したようです。
とても美しくて感動でした。









この後、名古屋港水族館へ。

遅めの時間でしたが、ちょうどイルカのショーも見れました。(写真なし)

白いイルカ(名前忘れた)が、飼育員さんと戯れているのをすぐ目の前で見られました。
めちゃくちゃ可愛かったです。




閉館までいて宿へ。

夜ご飯は街に出て、味噌煮込みきしめんを。
暑くてもやっぱりこれ!




寝不足でよく活動した1日でした。(車移動中も寝られず)

例の本はしっかり持ってきましたが、さすがに1ページほどで眠りにつきました。

 静岡旅行④
2018年05月05日 (土) | 編集 |
最終日の3日目は、朝から富士山の五合目まで車で行きました。



林道から山道に入っていきます。

ここがあの樹海?!というような景色も通りましたが、青木ヶ原の樹海は静岡県ではないから違いますね。



車から降りるとやはり寒かったです。

富士山、登りたいと思ったこともありましたが、登る機会を逃しました。もう今の私には無理です。
やりたいことはやれるうちにやるようにしようと改めて思いました。
そうは言っても日々の生活に追われたり、環境が許さなかったりでなかなかできないですけどね。


五合目から下を見た景色



下に降りて富士山を見上げる


この次は、奇石博物館へ行きました。
石が好きなので。


中をゆっくり見たあとに、宝石探しのイベントが開催されていて(いつでもやっているのか?不明です)、長蛇の列でしたが並んでみました。並ぶこと約一時間。。。

制限時間30分、一回500円で、水槽に水と砂利がはってあり、そこに20種類以上の天然石を混ぜてあり、スコップで探します。
とった石はすべて(砂利以外)持ち帰れます。

子どもも大人も、みんな夢中で楽しんでいましたよ。
私の隣はお一人で参加風のおじさんでした。通っぽい?効率的な探し方。

並んでいるときに、回数券の販売があるのが見えて、えー回数券あるん?そんなにするか?と思いましたが、終えてから納得しました。
めちゃくちゃ楽しくて、もう一回したいくらいでしたもん😁
終わると腰がバキバキでした。メガネも無くしました。
夢中すぎか!
メガネは、終わってすぐ外したのですがそのあとどうしたか記憶にありません。
その辺に置いたりはしないので、落としたんでしょうねー。

私は鮎つかみも得意ですが、やっぱり石探しも得意でした。
猫のように黒目がぎゅるーんと焦点を絞り、たくさん石をとれました😊


透明系の石はわかりやすいけど、ダルメシアン柄の石や、黒い石は砂利との見分けが難しいです。

とった後、判定してくれる人はいないので、自分を信じて黒い石も取るのです。

石としての価値はないくらい小さな石ですが、
自分でとった石って可愛くて可愛くて💕
帰ってからも、広げて眺めたり触ったりして楽しみました。

今は、100均で買ってきたガラスの小瓶に入れて飾っています。


奇石博物館のあとは、本宮浅間大社に行きました。
B級グルメの名物、富士宮焼そばを食べて

シンプルだけどモチモチの麺と、粉の鰹節が美味しかったです。


富士山を神体山として祀る神社です。
富士山の頂上が奥宮、ここは本宮。

お詣りをして御朱印をいただき、
境内にある、富士山の雪解け水が湧水している特別天然記念物である湧玉池へ。


藤が満開でした。



湧玉池は、感動的に美しくて





このポイントが特に大好きで、こちらには人もいなくて、しゃがみこんでずーっと見て聞いて癒されていました✨
インスタの方に動画を載せたのでよかったら見てください。

さあ、そろそろ行こかと立ち上がってふと見ると、真横に蛇がいました😵
動かず蛇もじっとしていました。
私、気づかず蛇とふたりでずっと並んでいたんですね…


夕方に新幹線に乗り、帰宅しました。

長々とした旅行記を最後まで読んでくださりありがとうございました😊


 静岡旅行③
2018年05月02日 (水) | 編集 |
2日目の続きです。
湖の上の岬にある奥大井湖上駅。
まずはハイキングコースの上から湖上駅を見おろします。
ここもキツイ階段を登りました。

本数が少ないはずなのに、見おろしていたらちょうど電車が駅に入ってきました。
ジブリみたいな世界でした。

赤い橋の向かって右端に電車。
ここから、今度はあの橋の線路の横についている遊歩道へ向かいます。

藤の花が野生的に咲き乱れていて、よい香りが漂っていました。

今回の旅は、橋ばかり渡っています。
ここは手すりが高いので怖くないです。

駅に着いて写真を撮っていたら、またタイミング良く電車が入ってきました。


レトロで可愛い電車です。

この後、三保の松原へ行き、薄い富士山を見て、
暑くもなく寒くもない心地よい海風を浴びて


富士宮市のお宿に向かいました。
たくさん歩いた2日目でした。
宿の近くの活気のあるお寿司屋さんへ。
一時間近く待ちました。
カウンター席とテーブル席がありましたが、カウンターになりました。
店長さんや店員さんがとても気持ちのよい方たちでした。
よきお人柄とお仕事の熱心さが顔、表情にも出ているんですよね。素敵。



写真でメニューを見て、桜えびのかき揚げを2つ注文したら、予想外に大きなかき揚げでした。
これなら1つでよかったな(^-^; と思いながら、
でも食べられないわけでもないので、食べようとしたら店長さんが、
「1つ下げましょうか?いろんなものを食べて欲しいんで。カウンターなのに注文聞いたときにこちらが言わなくてすみません」と、1つ下げてくださいました。
申し訳なかったけど、「いろんなものを食べて欲しい」と言ってもらったので、返させてもらえる気になりました。
旅先で親切にあうととても嬉しくなります。
ありがたいことに、いつも旅で人に優しくしてもらっています✨
宿は、天然温泉のスーパー銭湯に宿泊施設がついたようなところでした。
卓球がしたかったけど、待ち時間があったのでやめました。
つづく

 静岡旅行②
2018年05月01日 (火) | 編集 |
山奥の温泉宿に泊まったのにはわけがありました。
このお宿から歩いていけるところに、世界の吊り橋10選に選ばれているという、夢の吊り橋を渡るためです。

休日の昼間は吊り橋を渡るのに1時間待ちとか。

近くに泊まって混む前の朝早くに行くという作戦です。
朝からウグイスが絶え間なく鳴きまくっていて(言い方)、ときどき明け方にガオガオと絶え間なく鳴くすっちゃんを思い出しました。

宿から往復1時間半のハイキングコースでした。8時に出発。


1日目は曇りでしたが、この日は快晴!




夢の吊り橋!
エメラルドグリーンがとても綺麗!


1日目に吊り橋を経験したから、すっかり順応し、1日目は半分も渡れなかったのに、この日はさほど恐怖も感じず、何かが外れそうになることもなく、すいすいと最後まで渡れました。


手まで放せました。人間って慣れるものですねー


吊り橋を渡りきったらきつい階段を登りぐるっと回って戻ります。
さっき渡った吊り橋は遠くに見えてかなりの距離を歩いたことがわかります。







宿方面に戻るときには、これから向かう人がたくさんでした。
私たちのときはほとんど人がいなくてゆっくりできてよかったです。

車で移動してダムを見たりまたダムの橋を渡ったり。




まだまだ2日目は続きます。

この日は午前11時ですでに10,000歩を超えました😵






 静岡旅行①
2018年04月30日 (月) | 編集 |
連休が始まる1日前に、東京出張帰りの旦那と静岡で合流し、二泊三日の静岡旅行へ行ってきました。

まずはレンタカーで、焼津港へ。

ずっと食べたかった、生しらす丼!

生しらすだけの丼でよかったのですが、そんなメニューはなく。生桜えびと生しらすと生かつおの丼にしました。
実は私、唯一の苦手な食べ物が桜えびなのですが、ここで食べる生桜えびなら大丈夫と信じて食べたら、やはり大丈夫でした👌



蓬莱橋
世界一長い木造歩道橋。
894メートル

手すりが低いのでちょっと怖くて真ん中を歩きました。

何故だか私は高いところに来たら、いつもは取れないものが取れそうになるのです。
前に明石海峡大橋の柱?の上のものすごく高いところに行ったときは、靴が脱げそうな思いがしました。ふつうに歩いていて、まず脱げない靴なのですが不思議と脱げそうになるんです。
今回はというと、指輪が外れそうになりました。
ええ。ふつうに生活してて指輪が外れることなんてまずないのですが、なぜかぐらぐらな感じに…
高所恐怖症の自覚はないけど、この 高いところにくると何かが外れそうになる気持ちになる、というのは高所恐怖症なのかもしれませんね~( ̄∀ ̄)



↑指輪が抜けないよう手を握りしめて歩いている

この次は、大井川に架かる長い吊り橋。時間を合わせるとSLが吊り橋の下を走り抜けるのを吊り橋から見られます。

私は移動中の車内で爆睡していて、寝ぼけたまま吊り橋を渡るはめになり、恐ろしかったです。
吊り橋だから揺れるのですが、結構な揺れ。


寝ぼけて渡ったら落ちそうです。私、割と落ちたり転んだりする方なのですが、ここで落ちたら洒落にならない!

半分も渡れず引き返しました。

SLがそろそろ来るのか、吊り橋の一箇所に人が集まり出していたので、私ももう一度そこまで行きました。

みんなが、見やすいこっちにどうぞ~と場所を譲ってくださって。優しい~



SLが、ケレヤア❗️(内田百閒先生風に)と、汽笛を鳴らして足元を走り抜けていきました。
運転手さんも、乗客の皆さんも手を振っているのが表情までよく見えて嬉しかったです。
私もニカッと笑いながらぶんぶん手を振りました。


この次は、道の駅で綺麗なお庭を見ながらお茶休憩。
淹れ方を説明してくださり、300円のお茶セット。お安い!






山道を走り、かなり山奥の寸又峡温泉の旅館に泊まりました。


これは翌朝の写真。


温泉はぬるぬるしていてとてもよいお湯で、上がったあと膝や腕がピカピカに光っていてびっくりしました。
連休1日前だからか人が少なくて、温泉は貸切状態。
夜にもう一度入りに行ったときは一人だし暗いしで、怖いくらいでした😓


つづく